設備・管理

高品質で低価格な原薬をかなえる充実の設備・管理

新薬メーカーと同等のプラントを構築

原薬-合成-製造
原薬の生産は、たとえ小規模のプラントであっても、大量生産をおこなう新薬メーカーのプラントと同等の工程・設備を必要とします。
また、数多くのジェネリック原薬を高品質・低価格で生産することは非常に難しいとされています。陽進堂では、原薬を合成する反応釜、原薬を結晶化する晶析釜のほか、精製・乾燥・粉砕といった各工程に対応した洗浄機、遠心分離機、乾燥機、粉砕機などの機器を、GMP対応のもとコンパクトに設置し、ハイパフォーマンスな原薬生産を実現しています。

要求される形・大きさを精密に再現

水に溶けにくい原薬は、粒子径や結晶形により溶解性が変化し、体内動態に大きな影響をあたえます。そのため、最終製剤で要求される粒子となるよう、各種機器を駆使して整粒をおこないます。
また、この原薬を粉砕・整粒する工程はすべてクリーンルーム内でおこなわれ、品質の保持に最大限の注意を払っています。陽進堂では、原薬の合成・生産から最終製品の製造にいたるまで、万全の体制をととのえた一貫生産による優位性を大いに発揮し、原薬から品質が保証できるジェネリック医薬品のスペシャリストとして、陽進堂は信頼の実績を誇っています。

カテゴリー: 設備・管理 パーマリンク