患者様の負担軽減(その1)

薬価は新薬の70%以下

診察や検査にかかる費用は、あらかじめ点数として決められており、同じ病気で同じ診察・同じ検査を受けた場合、皆様が同額となりますが、処方される薬剤が新薬がジェネリック医薬品かによって差が生じてきます。
ジェネリック医薬品の薬価は、新薬の70%以下に設定されているので、そのぶん患者様の自己負担を軽減できます。これを大きな視点でとらえると、保険財政の改善(国民医療費の削減)につながります。つまり、ジェネリック医薬品の広く処方されることで、総合的な医療費の軽減が期待できるのです。

国民医療費の削減-陽進堂
陽進堂【富山県】はジェネリック医薬品の製造にいち早くから取り組んでいます。
陽進堂 – 患者様の負担軽減

カテゴリー: 患者様の負担軽減 パーマリンク